島村楽器 南砂町スナモ店 シマブロ

島村楽器 南砂町スナモ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

「応募には映像が必要?」にお答えします!

エントリーにはライヴ映像が必要?

みなさんこんにちは! 炎のHOTLINE担当・石橋です!!

HOTLINE2012にエントリーしてみようかな?とご検討中の方々の為に、エントリーの際の注意事項やポイントを何回かに分けて書いてみたいと思います。
 今回のテーマは「エントリーに必要な映像について」です!


◆エントリーには映像が必要です!!

今年のHOTLINE部門新設など昨年までと募集要項が少し変わりましたが、その中でもご注意いただきたいのが「スタジオ未併設店よりエントリーの場合、エントリー曲のみ収録のライヴ映像(DVD)をご提出ください」という部分です。
 読んで字のごとく、といった事ではあるのですが、「スタジオ未併設店」という部分にハテナマークな人もいるかと思いますので、少し詳しく説明をさせていただきます。

 当南砂町スナモ店のように店舗にスタジオが無く、HOTLINEの予選ライヴが無い店舗からのエントリーの場合、申込みの際にエントリー曲が収録されたDVDが必要になります。店舗ごとにスタジオの有無に違いがありますので、エントリーの際は事前に確認しておきましょう。
 ちなみにスタジオ併設店の場合、各店舗ごとに「予選ライヴ」というものが設けられており、そちらのライヴへの参加が必須となります。そのライヴに出場する事でライヴ演奏も撮影できますので、スタジオ未併設店からのエントリーのように映像を持参する必要はありません。

◆どんな映像が必要なの?

 エントリーに動画が必要なのは分かりましたが、では動画の内容はどんなものでしょうか。前述のように「ライヴ映像」とありますが、もう少し細かく見ていくと以下のようになります。

  • エントリー曲(2曲10分以内)がフルコーラス収録されている
  • パート分け録りでなく、いわゆる一発撮りになっている
  • エントリーするメンバー全員が演奏している

一言で言ってしまえば、「エントリー楽曲が最初から最後までメンバー全員で演奏されていている映像という事ですね。
 最近は多くのライヴハウスにてライヴの模様を録画して渡してもらえるようになってきていますので、期間中にライヴの予定があるという人はそれを利用するのがいいかもしれません。また、録画をする為の機材を所有しているのであれば、スタジオなどで「いっせーのーせっ」でメンバー全員で演奏している様子を撮影してもいいですね。


次回は「自分で映像を用意したいけど、良い機材はないかな?」という方や、「録画できる機材が準備できない!だけどHOTLINEに出たい!」という方に向けた「エントリー映像を撮る!」というテーマでお届けいたします!

イベントに関するお問い合わせは店舗スタッフまで!

島村楽器南砂町スナモ店

電話番号・03-5677-0611 担当・石橋(イシバシ)

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.