島村楽器 南砂町スナモ店 シマブロ

島村楽器 南砂町スナモ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【シマブロ★スタッフリレー】店長谷中の今オススメの商品紹介!

こんにちは!!
シマブロに滅多に現れない、島村楽器南砂町店店長の谷中です。
あまりにもレアキャラすぎて、もはや忘れられているのでは・・・と心配になった為、急遽スタッフリレーに参加しますっ(汗)

え?
レアキャラすぎて、どんな顔だったか覚えていない?!
そうですか・・・私、こんな顔をしていますよ。

ドンッ
f:id:shima_c_m-sunamachi:20160128180403j:plain

覚えておいてくださいね(笑)
ちなみに、現在32歳。
島村楽器に入社もうじき丸10年になります。
趣味は、ドライブ、サックス演奏(JAZZ)、ボルダリング、海外旅行です。
毎年、仙台で開催される定禅寺ストリートジャズフェスティバルに出場しています♪♪

さて、仕切りなおしまして~
皆さま、いつも島村楽器南砂町店をご利用いただき、誠にありがとうございます!

本日、私がご紹介する商品はこちら~!

f:id:shima_c_m-sunamachi:20160128180514j:plain

ヴァンドレン社から先日発売されたばかりの待望の新製品、V21サックス用リードです。
どんなリードなんだろ~o(^^)oワクワク
という事で、ちょっとだけレポートしたいと思います。

箱を裏から見ると、こんな感じ・・・
f:id:shima_c_m-sunamachi:20160128180701j:plain

定番の青箱(Traditional)と比較すると・・・
f:id:shima_c_m-sunamachi:20160128180820j:plain

青箱が濃紺色だったのに対し、V21は大分明るい色のパッケージですね。
ダンなデザインでとても今風ですね~。
気になる中身はどうでしょうか?

f:id:shima_c_m-sunamachi:20160128181131j:plain
左側が青箱、右側がV21です。
青箱がフレンチカット(ダブルカット)だったのに対し、V21はなんとアメリカンカット(シングルカット)です。
ちなみに、リードのカットにおいて、表皮をカットした上でさらに削っているものがダブルカットで、表皮を残したままリードを削っているのがシングルカットです。
ダブルカットは音の立ち上がりの良さやクリアーなサウンドが特徴で、シングルカットは、表皮を残している(厚みがある)分、抵抗が増し音色はパワフルになる傾向があります。
もともとは、ダブルカットはクラシック奏者に、シングルカットはジャズ奏者に、それぞれ人気があったのですが、最近ではリードメーカー各社から様々なニーズに対応したモデルが発売されており、カットとジャンルの関係はあまりなくなってきているように思います。

f:id:shima_c_m-sunamachi:20160128182843j:plain
このV21、最大の特徴はサックスのリードとしては大変珍しく、ヒール(下部)が細めにシェイプした円錐形をしています。
写真では下に青箱、上にV21を重ねています。
かなり幅の違いがありますよね!

f:id:shima_c_m-sunamachi:20160128183042j:plain
光に透かして見てみますと、青箱(左側)とV21(右側)のカットの差はあまり無いように見えます。
※これは、もしかしたら個体差があるかもしれません。

気になる音色と吹奏感はというと・・・。
実際に私が吹いてみた感想は、こんな感じです。(青箱と比較して)

◎青箱(Traditional)
・音の立ち上がりがスムーズで大変鳴らしやすい
・透明感のある音色
・息がまとまり、表現力に富んでいる
吹奏楽・クラシック向け

◎V21
・リードの鳴り方には、やや抵抗感がある
・明るい温かみのある音色
・音に広がりがあり、表情が豊か
・オールジャンルOK

個人的な感想ですが、少しでもリード選びのヒントになれば幸いです(^^)
ぜひ、皆さんの楽器で実際の音色をご確認ください♪♪
なお、発売直後で入荷が安定していないため、現在は3.1/2のみ在庫がございます。
2.1/2は3月中旬入荷予定、3は2月頭に入荷予定です。
ご予約は店頭、お電話にて受け付けております。

メーカー 型名 価格(税込) 備考
Vandoren V21AS ¥4,320(税込) 新製品発売直後で品薄ですが、各番手、随時入荷いたします!

リードの硬さ比較はコチラをご参照ください!
f:id:shima_c_m-sunamachi:20160128184443j:plain
以上、谷中の今オススメの商品紹介でした~♪♪♪

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.